家族

母なる海に帰る散骨|故人の新たな旅立ちのために

故人を送るセレモニー

数珠と香典

人は、いつの日か寿命が尽きて亡くなります。病院で、息を引き取った場合は病院から葬儀業者を紹介してもらえる場合があります。しかし、病院はただパンフレットをおいているだけの場合も多いためその葬儀業者が必ずしも優良業者とは限りません。故人のために、優良葬儀業者を選び葬式を開いてあげることが故人を送り出せます。また、葬式と言っても今では様々なプランがあります。自分たちの生活にあった、葬式を開くことが大切です。また、心に残る葬式を開くためにも、葬式を開く葬儀業者への依頼は妥協してはいけません。

今、葬式と一言で言っても様々なプランが存在します。近年、芸能人が亡くなった時にテレビとかでよく耳にする家族葬が増えてきています。家族葬は、その名の通り故人と近い人達である家族でのみ葬式をあげることです。多くの人が集まると、家族も故人との別れるために時間をゆっくり取ることができません。そのため、故人の意志もありますが家族だけで葬式を済ませるプランが増えてきています。次に多いのが、火葬式と呼ばれる葬式です。一般的な葬式では、お通夜などのセレモニーが用意されています。これは、家族葬でもありますが火葬式ではセレモニーなどを一切省いてご遺体を、火葬から収骨まで葬儀業者が手伝いをするプランです。そのため、金額も一般的な葬式に比べて安くなっています。遺族の負担を、極力落としたプランとなっています。様々なプランがあるので、自分の生活に合わせたプランを選ぶことが大切です。