代々続くもの

遠い先祖から現代に生きる私達に至るまで、脈々と受け継がれるものには何があるでしょうか。
たとえばそれは家や土地といったものであったり、何かの教えであったりと、それぞれの家庭によって様々なものが受け継がれていることでしょう。
古くから商売を続けている家庭なら、常連客も代々と受け継がれているかもしれませんね。… Read more

使われる素材

墓石は墓碑とも呼ばれ、お墓の位置を示す役割を持っています。
葬儀を、そして葬式を終え、再びお墓に戻る時にお墓の位置を見失わないようその場所を示すためのものが墓石なのです。
そういった役割がある以上、墓石は長い年月が過ぎても朽ちてしまわないように丈夫な岩石を使って作られます。… Read more

刻まれるもの

墓石に刻まれている文字を碑文といいます。
碑文が刻まれていることから、墓石は墓碑とも呼ばれているのです。
そして、墓石に刻まれるものは故人の戒名や俗名、命日などが主となっています。
戒名などは主に墓石の側面に刻まれており、正面には各宗派の梵字や名号などが刻まれることが一般的です。… Read more

弔うために

葬儀や葬式といった葬礼の儀式も、墓石や墓地といったお墓そのものも、そしてそこに供える花や線香も、そのすべては死者を弔うために行われるものです。
もっとも古い葬儀は旧石器時代にネアンデルタール人がシャニダール洞窟で行なったものでした。
当時、ネアンデルタール人がどのような方法で死者を弔ったかはわかりません。
ですが、ネアンデルタール人が葬儀を行なったその場所には、ネアンデルタール人の骨と共に花の痕跡があったのです。
その花が残した花粉を調べたところ、シャニダール周辺には自生していない花のものであることが判明し、たまたま花が自生していたわけではないことが証明されました。
ネアンデルタール人は間違いなく、自分たちの意志で花を摘み、仲間のそばに供えていたのです。
そこには、死者を弔い、偲ぶ想いが存在していたと言えます。… Read more

マナーと身だしなみ

冠婚葬祭の場には、それぞれにふさわしいマナーや身だしなみがあります。
葬儀や葬式の場合には弔いの場である以上、華美な服装は好まれません。
死者を弔うための墓石が過度の装飾を持たず、シンプルなものである点からもそれはうかがえます。… Read more

西洋との違い

死者を弔うという気持ちが同じでも、西洋と東洋では様々な場面で違いがあります。
たとえば葬儀の進行もそうですし、葬式そのものに対する気持ちの持ち方も異なります。
墓石の形も東洋では縦長、西洋では横長という違いがあるのです。… Read more